Q&A



KDE neon は何の派生ですか?

KDE neon は Ubuntu の最小限構成から最新の KDE Plasma 5 と KDE アプリケーションなどを加えたものです。

(Kubuntu からの派生ではありません)

KDE Plasma 5.7 と共に公開されました。現在全 Edition 共に Ubuntu 16.04 LTS がベースになっています。


Edition の違いは?

User Edition は通常公開されている KDE Plasma 5 を採用します。

KDE Plasma 5.8 が LTS 扱いとなったため、5.8 LTS を維持する User LTS Edition と

5.9 以降の最新版へ更新される User Edition が存在します。

通常使用の場合は User Edition または User LTS Edition を選択する事になるでしょう。

 

Developer Edition は開発中の KDE Plasma を使用できるバージョンです。

Stable(安定版)と Unstable(不安定版)が存在します。

KDE Plasma と KDE アプリのテスト用途と考えて良いでしょう。

 

一例として 2017年5月(KDE Plasma 5.10 リリース前)では KDE Plasma が次のバージョンになっています。

  • User LTS Edition - KDE Plasma 5.8 LTS
  • User Edition - KDE Plasma 5.9
  • Developer Edition - KDE Plasma 5.10 Beta (5.9.95) 
User LTS Edition は 5.8 LTS
User LTS Edition は 5.8 LTS
User Edition は 5.9
User Edition は 5.9
Developer Edition は 5.10 Beta
Developer Edition は 5.10 Beta


LTS ではない User Edition は最新版へ更新されるのですか?

はい。KDE neon User Edition は KDE Plasma と KDE アプリケーションは最新版へ更新されつづけます。

KDE Plasma のバージョンがアップデートされたら、数日中に KDE neon User Edition は反映されます。

再インストールする必要はありません。


LTS ではない User Edition は Ubuntu も LTS ではないのですか?

いいえ。User Edition および Developer Edition も含め、

現在 KDE neon すべての Edition は Ubuntu 16.04 LTS ベースです。

 

User LTS Edition の「LTS」は KDE Plasma 5.8 LTS の「LTS」を指している事に注意して下さい。


KDE neon と Kubuntu の違いは?

Ubuntu には KDE をデスクトップに採用している公式フレーバー Kubuntu が存在します。

Ubuntu パッケージは半年に一度更新されますが、その時点での最新版を採用し、

その後はバージョンアップせず、不具合の修正をする前提となっています。
そのため、KDE Plasma の全バージョンを採用せず、飛び飛びになってしまいます。

例えば KDE Plasma 5.8 LTS は Ubuntu パッケージと Kubuntu としては通常提供されていません。

(Kubuntu の backports PPA を採用して使用する事は可能です)

  • Kubuntu 16.04 LTS - KDE Plasma 5.5
  • Kubuntu 16.10 - KDE Plasma 5.7
  • Kubuntu 17.04 - KDE Plasma 5.9 

KDE neon は Ubuntu の LTS 版をベースに KDE Plasma と KDE アプリの最新版および LTS 版を採用します。

Ubuntu パッケージは Ubuntu・Kubuntu LTS 版に近い動きになりますが、

KDE Plasma と KDE アプリは常に KDE が提供する最新状態へ更新されます。

  • KDE neon User LTS Edition - KDE Plasma 5.8 LTS (Ubuntu 16.04 LTS ベース)
  • KDE neon User Edition - KDE Plasma 最新版 (Ubuntu 16.04 LTS ベース)

なお、KDE neon は Ubuntu 最小パッケージから KDE Plasma と KDE アプリを加えていて、

Kubuntu から派生されたものではありません。そのため Kubuntu と異なるところがあります。

 

KDE Plasma 5.8 LTS は Kubuntu で標準採用されていない
KDE Plasma 5.8 LTS は Kubuntu で標準採用されていない
Kubuntu 16.04 LTS の KDE Plasma は 5.5 と古い
Kubuntu 16.04 LTS の KDE Plasma は 5.5 と古い


アプリケーションが少ないのではないですか?

KDE neon は最新の KDE Plasma と KDE アプリケーションをパッケージにしたものです。

Firefox や VLC など、KDE 開発以外のアプリも一部含まれていますが、

それらを含めても、他の Linux ディストリビューションとは少ない基本構成になっています。


試しに起動してみましたが、とても重いです

KDE Plasma 5 は Linux で提供されているデスクトップ環境の中でも高スペックを要求します。

最低でも次のスペックは必要です。

  • x86 系 64 ビット CPU (推奨 i5・i7 など)
  • メモリ 2GB (推奨 4GB 以上)
  • 3D 対応のグラフィック (Intel チップなどは自動認識)

バージョン表記は独自ですか?

KDE neon のバージョン表記は KDE Plasma のバージョンと連動します。

KDE neon 5.8 は KDE Plasma 5.8 LTS を採用している KDE neon になります。 


KDE neon が入ったパソコンが存在するのですか?

2017年、KDE neon がプレインストールされているノートパソコン KDE Slimbook が公開されました。

 

KDE Slimbook

 

日本語を含むキーボードは対応を検討しているようです。


英語の表示が多いのですが?

KDE neon は KDE Plasma のバージョンが比較的新しいため、未翻訳部分が多くなります。

その影響で英語表示になっているところが多くなります。

 

Developer Edition は開発版となり、KDE Plasma と KDE アプリがほぼ英語表示になる場合もあります。


User LTS Edition を使用していますが、KDE Plasma を 5.9 以降へ更新する事はできますか?

root で /etc/apt/source.list.d/neon.list を開きます。

 

$ sudo kate /etc/apt/source.list.d/neon.list

 

http://archive.neon.kde.org/user/lts/ となっている部分の /lts を外し、

http://archive.neon.kde.org/user として下さい。この後パッケージを更新して下さい。

これで User Edition 同等へ更新されます。

 

なお、KDE Plasma 5.9 以降へ更新済みの場合、5.8 LTS の方が古いバージョンになるため

User Edition→User LTS Edition の切り替えは行えません。


KDE neon の翻訳支援をしたいのですが、どのようにすれば良いですか?

それは嬉しいです! KDE neon は新しいバージョンの KDE Plasma を採用しますので、英語表示が多くなります。

そのため翻訳作業が追いついていない状況です。多くの翻訳者に協力していただけると幸いです。

 

KDE neon の多くは KDE から提供されているソフトウェア・アプリケーションになります。

そのため KDE の日本語翻訳を支援する事で KDE neon にも反映される事になります。

直接 .po ファイルの編集が必要です。作業を行った .po ファイルまたは差分ファイルを Dropbox などで参照できるようにして、
kde-jp メーリングリストで作業を行った旨を連絡して下さい。

関係者の訓読(レビュー)が行われた上で反映が行われます。

 

デスクトップ環境/KDE Plasma 5 - Linux を入れよう - KDE の日本語翻訳方法を記載しています。